当院における新型コロナウイルスへの対策について

当院では「小児の外来診療におけるコロナウイルス 感染症 2019(COVID-19)診療指針」に基づき、感染防止対策および診療を行っております。

新型コロナウイルス感染症は特徴的な症状が乏しく、小児は自覚症状や重症化も少ないため、より充分な感染防止対策が必要となります。

新型コロナウイルス感染者への接触が疑われる方につきましては、お電話で検査方法などの対応方法をお伝えしますので、ご連絡ください。

また、お熱のあるお子様は専用出入り口から隔離室へご案内致します。事前にお電話または入り口左手のインターホンでお声がけください。

吸入などの処置においても、エアロゾル発生等の理由から独立した空調や換気が必要であり、隔離室を利用することがございます。

また、14:30〜15:30は、乳児健診や予防接種の優先時間とさせて頂いております。

2020年12月15日から、コロナウイルス流行の影響を受け、6歳未満のお子様は多くの医療機関で「乳幼児感染予防策加算」の算定対象となります。ご了承いただければと思います。医療助成をお持ちの方のご負担はありません。

当院では、時間・空間の区域を分けた感染トリアージを行っております。今後も新型コロナウイルスの感染リスクを最小化しつつ、どなたも安心して診察を受けられるように、体制を整えていきます。

仙台市内も大変な状況ですが、皆様のご理解ご協力を頂けますよう、お願い致します。