当院の新型コロナウイルス感染症診療体制

[感染対策について]

当院では「小児の外来診療におけるコロナウイルス 感染症 2019(COVID-19)診療指針」に基づき、時間・空間の区域を分けた感染トリアージを行っています。感染者への濃厚接触が疑われる方につきましては、受診方法をご説明しますのでお電話でご相談下さい。

また、発熱のあるお子様は専用出入口からご案内致します。入り口左手のインターホンでお声がけください。吸入など処置においても、換気のため隔離室を利用することがございます。

14:30〜15:30は、乳児健診や予防接種の優先時間とさせて頂いております。

[コロナウイルスの検査について]

当院は隔離室や駐車場で検体を採取し、外部へPCR検査を委託する体制をとり、翌日以降にお電話での結果報告を行っています。

小児はPCR陽性でも症状が軽いことがあり、発熱や咳などの症状で検査の要否を判断することは難しいと考えています。また、単独感染はまれであり、多くは家庭内や成人からの感染です。状況によって小児同士での感染も考慮する必要があります。

そこで当院では、以下の場合を基本的な検査の対象と考えています。

・周囲の成人に先行する発熱や咳などの感染徴候があり、その方と濃厚接触に当たる場合

・陽性が判明した児と濃厚接触が疑われる場合

[加算について]

当院は開院時から新型コロナウイルス感染症に対する検査・診療・ワクチンの個別接種機関です。

2021年10月1日から咳、発熱などの症状が該当される患者様につきましては「院内トリアージ実施料、二類感染症患者入院診療加算」の算定対象となります。

医療助成をお持ちの方のご負担はありません

今後も新型コロナウイルスの感染リスクを最小化しつつ、来院される方が安心して診察を受けられるよう体制を整えていきますので、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します。